制御

制御概要

制御ってなに?

制御って一体何?そんな疑問にお答えいたします。 まずは概念から。
制御概要

制御の分類

制御は分類するといくつかに分けられますが、大まかな二つに分けて説明します。 「定性的制御」と「定量的制御」の概念をまずは説明します。
リレーシーケンス

シーケンス制御の基礎〜自己保持回路〜

リレーシーケンスに関する説明をします。まずはリレーとはどういうものか、構造の概略と動作原理と目的を解説したのち、リレーシーケンスの大きなポイントとなる「自己保持回路」について解説します。
リレーシーケンス

自己保持回路実用

自己保持回路の知識だけでも実用の機器として充分に活用できます。実際に例を出して説明します。安全に思いどおりに機器を操作する上で大事な考えを記事にまとめました。
リレーシーケンス

シーケンス基本回路~論理回路など~

シーケンス回路における基本的な説明をします。AND,OR,NOTやタイマ,カウンタを使用した回路について解説しています。自己保持と組み合わせることで実用の幅が広がります。
リレーシーケンス

一般的な回路~シーケンスの常用回路~

リレーやタイマを利用した少しだけ手の込んだお決まり回路を紹介しています。ここで紹介する回路は様々な場面で登場する頻度が高く、利用価値の高いものです。是非動作のメカニズムを図面から読み解いて、これからの設計や保全に役立ててください。
リレーシーケンス

電圧増幅〜自己保持回路の利用〜

リレーを使用した自己保持回路での電圧増幅について記載しています。リレーという部品はその特性上増幅を得意とします。簡単ですが、その使い方を説明します。
リレーシーケンス

スイッチロック〜自己保持回路の利用〜

自己保持回路だけを用いてナンバー式のロックシステムをつくってみました。仕様の決定から回路設計までを一貫して行っています(電源部は省いています)。少しややこしいですがシーケンス制御理解としては良い例だと考え、記事にしました。
電気部品・電子部品

制御設計と電源~配線・遮断器など~

制御の設計をする場合、そして設計後製作し各機器を思い通りに動かそうとする場合はたくさんの電気部品や電子部品を使用することになります。そのほとんどは実は厳密には電子部品に位置しますが、いずれにしてもそれらを如何にして使いこなすかが重要です。ここではそのための説明をしています。
電気部品・電子部品

電磁力応用機器~回路の開閉~

制御盤内では電磁力を利用した部品が活躍しており、自動制御において欠かせない存在になっています。これらの動作と使い方を理解することで自動制御の理解に大きく近づきます。
スポンサーリンク