受電・変電

受電・変電

電力の作り出し〜発電〜

ここでは電気エネルギーのつくり方についてその概念を説明します。電気エネルギー、すなわち電力をつくるには発電機というものが必要です。発電機が電力をつくり出す仕組みと内部で起きている現象を理解していただければと考え記事を作成しました。
受電・変電

電力の送り出し〜送電〜

発電所でつくり出した電力は電気を使用する場所、すなわち需要家まで送り届けられるのですが、ただ単に電線を需要家までつないでいるわけではありません。安全のための措置や需要家に見合う電圧への変更などが成されています。ここではこれら送電に関わる部分を説明します。
受電・変電

電気を受け取り使う

高圧の電気の場合、受電後すぐに使えるわけではありません。より安全に使えるようになるまでどんなことがなされているのか、概略を説明します。
受電・変電

受変電の全貌〜単線結線図概要〜

電力会社がつくり、送り届ける電気エネルギーを受電した後どのように使えるようにするのかを単線結線図を紐解くことで解説しています。大切なのは受変電でどんな機器がどのような連携で電気使用に一役かっているのかということです。
受電・変電

変圧器の働き〜トランスとは〜

電力会社は電気を送る際に需要家が受け取ることができる電圧に変換しています。また需要家でも高圧や特別高圧で電気を受取った場合は構内で電圧を下げています。このとき活躍するのが変圧器です。ここではその変圧器の構造や動作原理について説明します。
受電・変電

変流器とは〜CT利用で電気を知る〜

電力(量)の計測にも負荷機器の異常判断にも欠かせない電流計測。その大事な計測に必須の変流器(CT)について解説します。取扱いを間違えると磁気飽和や発熱の危険がありますが、そのあたりについてもなるべく丁寧に説明します。
受電・変電

電気の資格〜技術技能と管理〜

電気に関わる資格を紹介,解説します。設計に関する必須資格というものは無く、電気の工事や使用上の保安または合理化に関する資格です。皆さんの目指す資格取得に役立てられれば幸いです。
スポンサーリンク