電力と制御の体験記

電力と制御の体験記

ノイズ影響初体験

これまで有線による制御で、筆者はノイズの影響を感じたり目にしたりしたことはありませんでした。ですが、たしかに有線のみのシステム上でもノイズの影響が存在するということを証明するかのような体験をしました。
電力と制御の体験記

電線?水道?

劣化した絶縁電線を更新したときの体験記です。劣化絶縁電線に対する違和感が点検により数値化され、その後の対応でいかに点検が大切かを知らされることになりました。
電力と制御の体験記

部品の在庫が無い~応急処置~

何かの製作時や改造時、また修理時などに部品のないこと、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。そんなときどうすべきか、そんな状態に陥らないようにどうしておくべきかを考えさせられる経験をしましたので紹介いたします。
電力と制御の体験記

電圧はどこから?〜誘導起電力〜

制御盤の解体作業時に発見した誘導起電力の話です。おおよそ見当もつかない電圧で発現しており戸惑いと混乱が一気に襲ってきました。偏見や固定観念を拭い去りひとつひとつの工程を丁寧にたどることの大切さを再認識した事例です。
電力と制御の体験記

PLC通信エラー

PLCやタッチパネル,その他通信機器をLANケーブルで接続し通信制御に用いようとした際に筆者が経験した事柄です。知識が如何に重要で経験が如何に大切かを思い知らされた体験です。この経験で筆者はさらにLAN通信の凄さを実感しました。
電力と制御の体験記

流量カウント異常

流量計とそのカウンタでの異常に対応したときの体験談です。ひどく難しい話ではありませんでしたが、異常発生のしかたがこれまでに比べ少し特異であったことと、周囲への説明に手間取った話を記録しています。
電力と制御の体験記

受電室での音~直列リアクトルのうなり~

平日の毎朝夕に確認のため必ず訪れる受電室で、機器の動作音が大きくなっているという異変に気づきました。その後の対処はベターではあってもベストではなかったかもしれません。しかし日々の習慣の大切さを認識し、五感の鋭さを体験できた貴重な経験でした。
電力と制御の体験記

電験三種体験談〜合格まで〜

筆者が電験3種への挑戦を志し、苦心しながらなんとか合格できたところまでの体験談を記事にしました。筆者は凡人中の凡人でありややもすると要領もよくない方です。そんな筆者でもなんとか合格を手にすることができましたので、それまでの体験を赤裸々に綴りたいと思います。電験三種試験合格を目指す皆さんの励みになれば幸いです。
電力と制御の体験記

非常用発電機の誤動作

ある時、場内電源電圧低下の警報と共に非常用発電機が起動しました。しかし場内設備は平常運転の様子。わけのわからぬままその原因の特定作業に入りましたが、思わぬところが原因となっていました。この経験は「工事施工」と「保安管理」の密接な関係性を教えてくれました。
電力と制御の体験記

電圧が違う!〜AC100VとAC200V〜

筆者が設備保全としていろいろなことを少しずつ理解してきていたころの電気的不具合の対応記録です。まさかメーカから発送されたものが間違えているとは思いもしませんでした。固定観念の危うさと確認の大切さを痛感した事例です。
スポンサーリンク