電気を見る

電気計測

電気は目に見えない!!

突然ですが、電気って見ることができませんよね。

我こそはこの目で捉えることができる!!と、豪語される方がおられたらその方はもしかすると人間が本来持ち得ない特殊能力の…と、冗談はさておきホントに特殊能力でもない限りその動きを肉眼で捉えることは不可能です。

でも、周囲の電気に関わる技術者や工事士の方々はあたかもそれが見えているかのように設計を行い、スムーズな手つきで配線を引き回し、目的の箇所に適切な大きさの電気を送り込むための作業をこなします。

なぜでしょう…まさか本当に見えているのでしょうか。

そんなわけありませんね。でも彼ら技術者や工事士は文明の利器を使いこなしあたかも見えているかのように扱います。

そこで登場する文明の利器こそ各種計測器(測定器)です。

以下に代表的な種類を紹介いたします。

もちろんここで紹介する以外にも存在しますのでご興味がおありでしたら是非ご自身でも調べてみられると面白い発見があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

1.検電器

高圧用と低圧用があります。画像は上が高低圧用検電器と下が低圧専用の検電器になります。導体や端子に直接センサー部を当てたり、導体被覆にセンサー部を当てるまたは近づけることで反応し光と音で電圧の有無を知らせてくれます。

2.クランプメーター

画像のように導体にクランプメーターのクランプ部分を噛みこませることでどれくらいの電流が生じているかが数値でわかります。

3.回路計(テスター/マルチメーター)

もっとも有名で使用頻度の高い測定器です。

全ての回路計ではまず電圧と電気抵抗の測定が可能であると思って間違いありません。グレード(価格)によって、直流交流の電流,周波数,ダイオード順逆確認など機能の多様化がありまた精度も変わります。

しかしながらやはり用途としては電圧の測定がほとんどであり工事や設計製作の現場で目論見通りの電圧が得られているかどうかの確認のために用いられます。次いで配線が切れていないか、どれくらいの電気の流れにくさがあるかを確認するための電気抵抗測定機能が多く用いられます。

4.リークテスター(漏電測定器)

各回路、特に動力回路においてどれくらいの漏電が生じているかを数値で計り取ります。単相なら2線一括、三相なら3線一括でクランプし、またアース線のみをクランプすることで漏電電流を測定できます。

5.絶縁抵抗計(メガー)

リークテスターと同じく漏電関係の点検調査で使いますが、こちらは確認対象に電圧をかけることが可能で、実際にその回路を使用する前の確認で用います。

配線作業の完了直後や異常発生時に対象回路を無電圧状態にしておきそこに絶縁抵抗計から設定電圧を加え、電気絶縁異常がないかどうか、つまり漏電現象が起きないかどうかを検査する場合に使用します。

6.接地抵抗計

電気で動く機器が正しく接地されているかどうかを計測します。

画像は絶縁抵抗計と接地抵抗計が2in1になっている計測器です。

接地工事が正しく施されていることで漏電が起きた際の人体や財産(主に不動産)へのダメージを軽減できますが、誤った施工の場合はその効果を発揮でできず、結果リスクを排除することができません。そこで活躍するのがこの計測器で、正しく接地されているかどうかを検査します。

この他にも電力品質分析器やオシロスコープ,継電器試験機などがあります。

どれもこれも使用に際して専門的知識を要するものです。取扱説明書を熟読し理解し使用しましょう。取扱説明書を読んでもよくわからない場合は電気技術者などに使用方法を問い合わせるなど、決して不明なままに独断しないように心がけましょう。

お手頃価格のAC専用クランプメーター。これ一つで基本的な測定が可能です。電気技術者ならまずは必携のツールであること間違いなし!

交直流の電圧電流測定および抵抗測定もこれ一つ!広い測定範囲も特徴の設計にも保全にも役立つ秀逸なツールです。

これ一台で絶縁抵抗と簡易接地抵抗の測定が可能です。精密測定コードセット7245Aを揃えれば精密接地抵抗測定も可能となります。

電気計測
スポンサーリンク
takuをフォローする
【やさしく解説する電気】受電から制御まで

コメント